▷ピアノってすごい楽器なんです

「のだめカンタービレ」や「ピアノの森」など漫画が原作のドラマや映画が人気を博しました。
近年、音楽教室ではたくさんの方にピアノレッスンを始めていただいており、ちょっとしたピアノブームがきています。
さて、ご存知な方も多いかと思いますが、ピアノは「楽器の王様」と言われています。
確かにコンサートホールの真ん中でどっしり構えている姿には、王者の風格が漂いますね。
でもそれだけではありません。例えばこんな理由があるんです。



*誰でも簡単に音が出せる*

始めてピアノに触る人でも、鍵盤を叩くだけできちんと音程があった綺麗な音を出すことができます。
他の楽器はなかなかそうはいきません。
当たり前のようなことですが、ヴァイオリンやトランペットのように、音を出して、ドレミファソラシドにいくまでが一苦労、といった楽器もあります。
それに比べピアノは、楽器があれば赤ちゃんだって音を出せるんです。


*音域が広い*

ピアノは、オーケストラのどの楽器よりも低い音と高い音が出せます。
しかも一度に複数の音を出せるので、一台でオーケストラの全楽器の音をカバーすることができるのです。
よって、様々な音の組み合わせが可能になり、表現の幅が広がります。


*音のダイナミックレンジがとても大きい*

ささやくような弱い音から、ピアノ協奏曲でオーケストラに負けないくらいの大きな音まで出すことができるので、指先に込められたどんな思いにもしっかりと応えてくれます。
叩いたり、そっと触ってみたり・・・鍵盤を押す強さによって、無限に音は変化します。
こんな楽器、他にないですよね。


*ピアノの練習は脳を活性化させる*

「ピアノの上手い子は頭も良い」とよく耳にします。
これには賛否両論があり、必ずしもそうであるという証明はされていません。
ただ、ピアノの練習が脳の働きを活発化させることは確かです。
指を動かすことで、脳が活発に動くようになるのです。
左手は右脳、右手は左脳を活発化すると言われていますので、両手を使うピアノは脳にとって絶好の運動なのでしょうね。



カテゴリー: 保護者の方へ